鏑木毅 OFFICIAL WEB SITE


鏑木毅のトレラン入門学~トレランを楽しむ&始めるための鏑木TIPS~



リスクマネージメント学 ~山のリスクと回避術を知る~

TIPS
06
天候の急変と低体温症

山で何より怖いのは、天候の急変による低体温症だ。防風・防水・透湿性の高いアウターウエアは必須。かつ軽量コンパクトなものを。山の天気は不安定、晴れていても必ず携行しよう。

TIPS
07
熱中症、脱水症、高山病

運動レベルの高いトレランでは、気温の高い状況下、脱水症、さらに熱中症を起こしやすい。対策はこまめな水分補給。この際にミネラル補給も忘れずに。直射日光を防ぐためキャップ類も重要。


TIPS
08
ハンガーノック

ロードとは異なり、アップダウンの多いトレランでは思っている以上にカロリー消費が激しい。小まめなエネルギー補給が重要。上りが続く区間や中盤以降は、とりわけ注意したい。



TIPS
09
道迷い

登山よりペースの速いトレランでは、よりミスコースを起こしやすい。特に高山でのミスは致命的なものになりかねない。分岐では必ず立ち止まり、地図で現在地を確認する。


TIPS
10
日没

ケガや体調不良、天候の急変など、山では何が起こるかわからない。予想外の時間経過による日没に備え、ライト類は必携品。事前に点灯確認をし、予備バッテリーも必ず持っていく。

TIPS
11
ファーストエイドキットは必携

山ではセルフレスキューが原則。そのためにもファーストエイドキッドを必ず携行したい。市販のセットに、自分に必要なものをプラスしていくというのもいいだろう。







【 Column 】 守って楽しい!山のマナー&モラル

新しいスポーツであるトレランは誤解されがちな部分も多い。山のマナーやルールはしっかりと守ってほしい。あいさつは最低限のマナーだ。

[ 上り優先が原則 ]

山では原則上り優先。立ち止まって道を譲ろう。ぜひこれは守りたい。逆の場合もできる限り道を譲ろう。無言で走りながら抜くことは絶対厳禁

[ トレイルを踏み外さない ]

植生保護のため、またトレイルを必要以上に広げないために、トレイルを踏み外さないようにしよう。細いトレイルでは減速しよう

[ ゴミは必ず持ち帰る ]

ゴミはすべて持ち帰る。小袋などにまとめて収納すれば汚れず、落とす心配もなく便利。できれば落ちているゴミも持ち帰るくらいの気持ちで