鏑木毅 OFFICIAL WEB SITE


鏑木毅のトレラン入門学~トレランを楽しむ&始めるための鏑木TIPS~


装備&ウエアリング学 ~自然が舞台。軽量コンパクト、高機能がキーワード~


TIPS
12
装備とウエアリングの基本

トレランの装備は、登山同様に必要充分な機能を持っているうえで、軽量かつコンパクトであることが求められる。「走る」という要素が加わるために、求められるレベルがより高くなる。また、ウエアは、アウターであれば防水性、防風性はもちろんのことだが、透湿性も大きなポイントとなる。インナーは吸湿速乾性が高いものを選ぶのが鉄則。以下に必携装備を示すが、これらは最低限のもので、行動時間や距離、標高、季節や天候状態によって、想像力を働かせて加えてほしい。また、背負って違和感のないパッキングも重要だ。


①ヘッドランプ。②登山用地図。③コンパス。④ファーストエイドキッド。⑤携帯電話。できれば防水機能のものがグッド。⑥防水パック。濡れては困るものはここへ。⑦補給食。軽量高カロリーのものを。⑧防寒用ダウンジャケット。専用収納パックに入れコンパクトにして携行。⑨パックおよびハイドレーション。⑩ニット帽。頭部の冷えは思考の低下につながる。⑪グローブ。⑫ストック。必携ではないが初心者はあれば便利。トレラン専用の軽量のものがグッド




TIPS
13
レイヤリングの考え方

肌に接するベースレイヤーは吸湿速乾性、ミドルレイヤーは保温性、アウターは、防水・防風・透湿性の高いものを選ぶのが原則。最近はほとんどの状況でも着っぱなしでいられるほど透湿性の高い素材のアウターもあり、お勧めだ。
どれをどの順番で着るのかは重要な問題。比較的薄着でも防寒対策がとれ、かつ快適に走ることができることが重要だ

TIPS
14
レースやトレーニング、走行エリア
天候等によってパックを使い分ける

里山での2時間程度のランは①のボトルホルダーとポケットのついたショルダー、エイドステーションの整った50㎞程度までのレースは容量2~3Lほどのパック②。それ以上の距離、また里山以外のランは10L程度のパック③がお勧めだ。


TIPS
15
最重要視したいキーアイテム

■防水・防寒アウター■
トレランにおいて最も重要なアイテムといっても過言ではない。ウエアの素材の善し悪しが、時には生死を分けかねない。防水・防風・防寒性はもちろんだが、汗冷えからくる体温低下を防ぐことができる透湿性は非常に大きなポイントだ。総合的に見るとゴアテックス素材が断然有利。

防水・防寒性、そして何よりも透湿性は、アウターの必須機能。ダウンジャケットは防寒対策として大きな力を発揮する。ミッドウエアーは保温性を重視しよう。専用カバーならコンパクトに収納可能


■行動食・飲料■

コンパクトで高カロリーがトレランの行動食の原則。専用のジェルが便利だ。パックスペースの余裕があれば好みのものもぜひ。飲料はミネラル分を摂取できるスポーツ飲料がお勧め。天候に応じ、寒い時は食料を、暑い時は飲料を多めに持っていくことを心がけよう。ゴミは必ず持ち帰る。

ハイドレーションは、飲料を入れた後に、上下を逆にした状態で余分な空気を吸い込み真空状態にすることで、中揺れ防止ができる



■ファーストエイドキットなど■

市販品を利用する場合は、ばんそうこう、消毒薬、ガーゼ、痛み止め、胃薬、ハチ・ヘビの活動時期にはポイズンリムーバー(毒吸引器)などがあるものを選びたい。必要なものを補填しよう。また、エマージェンシーシートや捻挫に備えニューハレXテープなどのテーピングも必携だ。



■ヘッドランプ■
夜間ランを予定していなくとも必ず携行してほしいアイテムがライト類。両手が自由になるヘッドランプがいい。事前に点灯確認をし、必ず予備のバッテリーを持っていく。比較的光量のある極小のLEDライトも携行には便利。使うことは少ないかもしれないが、御守りと思い持っておきたい。



■地図・コンパス■

なんといっても重要なのは地図。行き慣れたフィールドでも必ず携行する習慣をつけたい。コースタイムやマップコメントの入った登山用で防水素材のものが便利。また加えて方位から現在地を確認するためコンパスも必需品。コンパスの基本的な使い方もマスターしておこう。




■高機能シューズ■

軽量で足を保護する機能のあるトレイルランニングシューズに求められる大きな要素。ぬかるんだコンディションや春先の雪どけのトレイルなどには、防水透湿性のある高機能素材のシューズが大きな効果を発揮する。天候条件や目的によって、適切な高機能シューズを選びたい。



■携帯電話■

近年は通話エリアも広がり、これを持っていたために救助可能になった事例が多くなっている。圏外であっても、見晴らしのよい稜線や山頂では使用できる可能性がある。緊急時に備えて、行動中は電源をオフにしておくことも重要。いざ使いたい時にバッテリー切れでは意味がない。